かぜの子チェーン 長町店

たこ焼き、焼き鳥、焼きそばのテイクアウト専門店「かぜの子チェーン」長町店です。

住所 仙台市太白区長町3丁目1-2
電話番号 022-249-3812
営業時間 16:00~01:30
定休日 年中無休
ホームページ http://www.kaze-noko.jp/
動画 https://twitter.com/kazenoko1979/status/659166608770777090

<裏メニュー紹介①:プレーンたこ焼き>

たこ焼きはソースなどを付けて食べるのが常識になっていますが、時折、「何も味付けをしないタコ焼きをください」と注文するお客様がいらっしゃいます。
尋ねてみると、自家製のソースやマヨネーズ、お醤油を付けて食べるとか、何も味付けをしないでそのまま食べるという方もいらっしゃいます。
血圧が高いから何もつけないで食べるという方もいらっしゃいます。
私が試した例では、「青シソドレッシング」「とろけるチーズ」「バター」などもなかなかいい感じでしたよ。

プレーンたこ焼き

<裏メニュー紹介②:ひな皮”スーパーレア” タレ味>

ひな皮の焼き加減は、通常は5種類です。
①レア
②普通程度
③ちょいカリ
④カリカリスタンダード
⑤スーパーカリカリ

ですが裏メニューとして、「スーパーレア」という焼き加減も提供しております。

通常のレアは、お客様から注文が入る前に5分ほど加熱しておき、注文が入ってから2分ほど焼きます。すなわち計7分ほど焼きます。
しかし、このスーパーレアは何とたったの2分間で加熱が終わるのです。

余談ですが、アスリートはスーパーレアを好む傾向にあるようです。

3年前までいたアルバイトのO君は、宮城県のバドミントンのトップクラスの選手で、宮城県の大学体育会の理事長東北6県の会長を兼任していました。
そのO君は、ひな皮のスーパーレアのタレ味が大好きだったのです。
更には、大学陸上でインターハイと国体に出場した経験のある現役アルバイトのM君もまた、ひな皮のスーパーレアのタレ味が大好きなのです。

通常ひな皮の注文は、塩こしょうが7割を占め、焼き加減も「ちょいかり」や「スタンダード」が多いのに、この二人のトップアスリートは偶然にもスーパーレアのタレ味が大好きなのです。
常人には理解できない感覚の持ち主なのでしょうか?

写真は左から、カリカリのひな皮、普通焼きのひな皮、スーパーレアの塩コショウ味のひな皮、スーパーレアのタレ味のひな皮です。

 ひな皮レア

マップへ戻る